アイルランドが生んだ、飲める芸術「ギネスビール」缶の秘密と飲み方

最近は家では、オールフリーしか飲まないんだけど。気まぐれでゲットしたので、久しぶりにギネスを飲んだら⋯うまっ。こんなに美味しかったっけ?

日本は「最初はビール!」なんて言葉があるわりに、なかなか普及してない海外ビール。

そこでデザイナーの目から見ても「芸術的に美しいビール」。アイルランドが生んだギネスビールを語ってみる。

ギネスビールの美しさ

ビジュアルとカラーリング

まずはこのたたずまい、ぜひ見てほしい。

ギネスビールのため作られた、なめらかで上品なシルエットのグラス。そこに満たされたクリームブラウンと、限りなく黒に近いルビーレッド。 輝く黄金色のハープロゴ。

泡とビールのシャープな境界線⋯なんて芸術的。

カスケードショー

ギネスはゆっくりとそそぐと、グラスの中で泡が対流する。その泡が落ちつくまでの119.5秒の「カスケード(小滝)ショー」。

細やかな泡が上に向かい、少しずつビールの色を深い色へ。色の変化を楽しみながら、あせらず飲みごろになるのを待つ。ギネスとあなた、2人きりの時間。

ほかのビールにはない、ビールを完成させる喜び。

フローティング・ウィジェット

ギネスの特徴でもある、クリーミィな泡を生み出すことを可能にしたギミック。

缶の中に入っている直径3センチほどのプラスチックボール、これがウィジェット。これが缶を開封するとウィジェット内部の窒素ガスが、小さな穴から放出。

これにより缶の中でサージング(泡立ち)が起き、きめ細やかな泡が生み出される。

ドラフトギネス缶の弱点

冷蔵庫で最低でも3時間以上冷やさないと、ウィジェット内のガス圧が高くなり、ビールが噴出する恐れがある。

ギネスビールの楽しみ方

美味しい飲み方

  1. 冷やす
    缶を冷蔵庫で3時間以上冷やす(グラスは冷やさない)
  2. グラスに注ぐ
    専用グラスを45度に傾け、ゆっくりと缶の中身を全て注ぐ。
  3. ショーを楽しむ
    泡が上部に落ち着くまで、対流する泡の「カスケードショー」を楽しむ。
  4. グッと飲む!

パッケージにもわかりやすく書いてあるので、ぜひベストな状態で飲んでほしい。

オリジナルグラス

飲みやすさや口当たりはもちろん、カスケードショーやビジュアルを楽しむには、やはりオリジナルグラスがいい。

ギネスビールが生まれたアイルランドでは「目で飲む」とも言われている。ギネスはオリジナルグラス付パックがあるので、ぜひ1つは手に入れておきたい。

もちろんグラスはギネスだけでなく、ほかのビールでも使うと印象が変わって楽しい。

まとめ

大学時代にたまたま飲んだギネス。そのあまりの美しさ、爽やかなのどごしと風味にハマってしまった。

まあ気軽に飲むには、面倒なビールではある。

まずチェーン店の飲み屋にはほとんどない。アイリッシュパブやビアバー、あとは宅飲みなど限られたところでしか飲めない。

さらに飲むときもカスケードがあるため、ふつうのビールより手間もある。

それでもギネスには余りある魅力がある。⋯ただおいしくて飲みすぎちゃうので、特別なときだけにしよう。

その他 レビュー

ガッキーと松田龍平がついにラブシーン?泥沼にはまっていく彼氏「獣になれない私たち」第4話 感想

2018.11.02

Airpods 2 新型をもう待てない!スマートな充電はこれでOK

2018.10.27

血管収縮剤と防腐剤フリー、どちらも配合なしのおすすめ目薬

2018.10.05

超軽量76g折りたたみ傘。バグったみたいな軽さ「mabuのhane」

2018.09.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です