超軽量76g折りたたみ傘。バグったみたいな軽さ「mabuのhane」

折りたたみ傘の説明

とにかく軽く、かさばらないこと。

2年くらい使っていた折りたたみ傘、細い骨が折れて破損。それでも値段のわりには頑張ってくれた、お疲れさま。

新しいのを買うために調べてみたら、ある商品が軽さや大きさ、価格で一択だった



mabuのhane & 傘カバー

折りたたみ傘と傘カバー

選んだのはmabuのhaneAgedate 折りたたみ傘カバー

公式は80gだけど、実寸で76g。標準的な折りたたみ傘の1/3以下の重さ。持ってみると冗談みたいに軽い。

折りたたみ傘の重さ

ここまで軽いと壊れやすさが心配になるが、親骨はカーボンファイバー。耐久性も高く腐食もない素材。よほど雑な扱いでもなければ、壊れることはなさそう。

選んだポイント

バッグに入れっぱなので「軽量性」

実は、前の傘も重さ「98g」でかなり軽かった。「せっかくだし、もっと軽いのないかなー?」と予算4,000円くらいで比べてみた。

各メーカー 軽量ラインアップ

メーカー 重さ 親骨 価格
オカモト 105g 55cm ¥2,470
kiu 90g 50cm ¥2,980
mabu 80g 55cm ¥3,798

少し高いだけでmabuのhaneが軽さ、大きさともに1番。私は「また2年使う」と考えていたし、800円アップで最高性能なら選ぶまでもない。

バッグに入れっぱなしなので、軽さのアドバンテージは、何物にも変えがたい。それが2年間使うとなれば、なおさら。

「傘カバー」で、濡れた傘もすぐバッグへ

電車やバスで、濡れた傘を持つのは気が引ける。スマホを使うにしても、片手じゃ不便。そういう時に濡れた傘を傘カバーに入れれば、バッグなどにサッとしまえてハンズフリー。

傘カバーは、どれも突出したものはなかった。基本的な性能をしっかり抑えているAgedate 折りたたみ傘カバー に決めた。

コレを選んだ理由

  • 購入後1年間に無条件の返品・返金保証

商品への自信があるのかと思ったから。まあ仮にダメでも返品・返金できるから気が楽。

使いやすさ & メンテナンス

雨という気持ちが下がる時だからこそ、少しでもストレスを減らしたい。いつでもスムーズに使えて、メンテナンスも面倒じゃないのがいい。

傘カバーの内側

使いやすさ

傘カバーは大きめなので、傘をテキトーに巻いてポイっと入れればOK。ジップも大きく開くので出入れもスムース。

内側は吸水性があるので、大きく開けば雨に濡れたバッグやコートなどを拭ける。裏技的にはペットボトルを入れて結露吸収や、若干の保冷などもできる。

メンテナンス

ジッパーをフルオープンして干すだけ。内側のマイクロファイバーは速乾性なので、数時間でカラッと乾く。連日の雨でも問題なし。

まとめ

折りたたみ傘って価格と性能が、必ずしも比例しない。こういうのは特に選びづらい。1番人気でも惰性で売れていて、使ってガッカリの可能性が出てくる。まあカタログスペックを信じるしかない。

今回は使った感じは良い感じだし、できる限り長く使えたらいいな。

その他 レビュー

iPhone X と Airpods

Airpods 2 新型をもう待てない!スマートな充電はこれでOK

2018年10月27日
目薬とパッケージ

血管収縮剤と防腐剤フリー、どちらも配合なしのおすすめ目薬

2018年10月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です