洗顔はこれが最適解。コスパも高く、使うほどに肌の状態がよくなっていく。/毛穴撫子 重曹つるつる石鹸

なかなか「これだ!」というのが見つからなかった洗顔剤。「良いのないかなー」と見つけたのが「重曹つるつる石鹸」。

コスメコーナーで一際目立つ、「毛穴撫子シリーズ」。レトロテイストな女の子がかわいい。

「つるつる」の響きに惹かれて使ってみたら、本当に洗い上がりがつるつる。もう使い続けて3年ほど経つが、すっかり肌トラブルも少なくなった。

しかも肌だけでなく無添加で自然にも優しい。さらにコスパも良くて「欠点あるのコレ?」という万能な石鹸。

注意!
肌との相性もあるので、異常を感じた場合は使用はやめましょう。



使った印象・気になったポイント

重曹効果でつるつる

商品名にも使われている「重曹」。これが古い角質や毛穴の汚れを落とすことでお肌をつるつる & 肌サイクルを改善してくれる。

重曹の効果説明

出典:https://www.ishizawa-lab.co.jp/
All rights reserved by ISHIZAWA LABORATORIES ©

実際に使うまで「眉唾だなー」と半信半疑だったが、肌のザラザラが滑らかになってる⋯すごい

とはいえ、いきなり「ザラザラが消える」わけじゃなく「薄皮が1枚剥けた」みたいな感じかな。

そして肌サイクルの改善。これは大人ニキビに大きな力を発揮する。生活リズムが乱れると出来ていた大人ニキビが、せっけんを使い続けていたら出来にくい。

洗うだけ簡単、全身すっきりお掃除!つるんとタマゴ肌のヒミツは重曹(炭酸水素Na:洗浄成分)をふくんだクリーミーな泡。古い角質をゆるめ毛穴の奥から汚れを浮かせます。

うるおいたっぷりの上質な泡立ちと泡切れは100%植物油脂ベースだから。自然と環境に優しい石けんです。
引用:https://www.ishizawa-lab.co.jp/

「もう全部これでいいや」の万能さ

重曹つるつる石鹸顔・体もOKなうえ、大容量なのでガンガン使っても長持ち。洗髪剤以外は全部これで済ませている。

重曹つるつる石鹸の表面

洗顔とボディソープ代わりで毎日使っても、私の場合だいたい3ヶ月はなくならない。石鹸ってお風呂の熱で溶けたりすることがあるけど、この石鹸はそれがない。

とにかくボリューミーでタフ。しかも定価864円(税込)、月288円というリーズナブルさ、価格破壊

お風呂場がすっきりする

あと思わぬ利点が、シャンプー以外はこれ一つでいいので場所をとらないこと。

お風呂場ってモノの置き場所が少ないのに、洗顔やボディソープってやたらパッケージが大きくかさばるが、この石鹸なら後は洗髪剤だけというシンプルさ。

物が少なくなると死角も生まれづらいので、汚れやカビに気づきやすくなる。

無添加で子どもにも使える

この石鹸は防腐剤・色素・香料無添加なので、小さな子どもにも安心して使える。(公式にも記載あり

子ども用のボディソープは小さく価格も高いので、たくさん使うのに少し気がひける。でも肌のことを考えるならたっぷりの泡で洗いたい。

その点、この石鹸は無添加かつコスパもいいので、細かいことを気にせずガンガン使っていける。

まとめ

最近は高保湿や香りなど「リッチさ」を売りにした、高価格で肌を甘やかすようなものが多い。

そういうのは一時的にはいいけど、肌本来の回復力が下がるためか、長期的に使うと肌トラブルが多い気がする。

重曹つるつる石鹸は「肌サイクルをサポート」とコンセプトから違い、長く使えば使うほど肌はしっかりとしてきてトラブルが起きなくなる。

肌へのサスティナブルな考え方的にも、顔と体については重曹つるつる石鹸がわたしの最適解。(コレ生産中止されたらどうしよう⋯)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です