しつかい黒カビ、消えた。お風呂パッキンの黒カビ「最終兵器」/カビトルデス PRO 強力密着ジェルタイプ

カビトルデスPROパッケージ

ちょっと掃除をサボると出てくるお風呂のカビ。その中でも特にやっかいなのが黒カビ。パッキン部分にできてしまうと、シミのように簡単に落とすことができなくなる。

定番のカビキラーはいまいち。雑誌などでよく取り上げられてたカビトルデス PRO」を使ってみると、めっちゃ黒カビ消える。

これだよーこれー!!



使った印象・気になったポイント

黒カビが消えた

1〜2時間放置のところ30分しか出来なかったが、それでもかなり色が薄くなってる。カビキラー色々やってもダメだったのに、すごい。

カビトルデスPROを塗布する前 カビトルデスPROを流した後

塗布の仕方は「ラップあり・なし」でやってみたが大きな差はなさそう。(もっと時間を置いたら効果差出るかもだけど)

強いて言えばラップしないより、した方が「やった感」はある。

カビトルデスPROの薬剤塗布の様子

後は「1ヶ月持続の防カビ剤」らしいから、この状態がどれくらい持続するかな。

コンパクトなパッケージ

カビキラーに比べてかなりコンパクト。カビ取り剤って月1くらいの使用頻度だし収納前提なんだけど。スプレータイプって収納に向かないのよね⋯。

カビトルデスPROとカビキラーのパッケージ比較

その点、この商品はパッと目でもこの小ささ。流しの下とかの収納ボックスにスッと入る。無印のやわらかポリエチレンケースにぴったりハマって気持ちいいー。

スポイト容器と高粘度の薬剤

カビキラーのような「液」ではなく整髪ジェルのような感じ。かなり粘度高め。広範囲ではなく黒カビへピンポイントで使うように特化している。

カビトルデスPROのスポイト形状 カビトルデスPROをパッキンに塗布

噴霧じゃないので塩素のキツい匂いも拡散しづらく、粘度があるため揮発しづらい。スプレーみたいにキッチンペーパーに浸してラップとかも必要ない。

「浴槽掃除のついでに、ちょっと使おうかなー」と気軽に使える。

まとめ

最初は「ちょっと高い?」なんて思っていたが、1回でしっかり効くなら長く使えるのでコスパはいい。

コンパクトで使い勝手もいいし、仕舞い込んで腐らせず定期的に黒カビ掃除できる。

そして何より黒カビがガッツリ消えるの、めっちゃ気持ちいいー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です