プライムビデオが重いの設定じゃなく「回線速度」かも。無線から有線で、高速・安定した回線を。

AmazonイーサネットアダプタとiPhoneの大きさ比較

Amazonのプライム会員で見れる「プライムビデオ」。趣味で年100本以上を映画を見るのを目標にしているため、Fire TV Stickを使いテレビで映画をよく見る。

タイの街並み

2018年プライムビデオで観た映画100本+α & おすすめ個人的ベスト3。

2019年2月18日

このFire TV Stick、すごく便利なのだが⋯使ってみると読込不安定なことが結構ある。トップページが重かったり。もっとダメな時は、映像が荒れたり途中で止まったり。

大体は再起動やキャッシュ削除などで直っていた。たが、いつのまにか何をやっても動きが遅くなっていた。

調べてみると「無線接続が遅すぎた」ことが原因だった。

「じゃあ有線で⋯あれ?FireスティックTVって有線接続できるの?」と思ったら、ちゃんと公式から出ていた。それが「Amazon イーサネットアダプタ」。



使った印象・気になったポイント

再起動で直らないんだけど⋯

Fire TV Stickで「遅い」等で調べると、「再起動」「Wi-Fi環境」「キャッシュ削除」などが出てくる。

これで直ればいいけれど、そうじゃない時の対処を出しているサイトが、ビックリするほどない。「ないならしょうがない」といろいろ調べてみた結果、ハードの問題ではなく「無線の品質」が原因

無線が「回線混雑で低速化」「無線が何かしらの回線干渉」など、複合的な理由により十分な速度・安定が保てなくなっていた

無線が原因なのでAmazon イーサネットアダプタを買い、有線接続して検証。

イーサネットアダプタの設置はカンタン

使っているFire TV StickにAmazon イーサネットアダプタをポン付けして、LANケーブルを挿すだけでOK。しかも特別なにかしなくても有線モードになる。

Amazonイーサネットアダプタの設置説明図

どうやらFire TV Stickは有線環境を認識すると、そちらを優先して接続しているっぽい。なので、難しい設定もする必要なく有線にできる。

有線での設置

  1. Fire TV Stickをテレビに挿す
  2. Fire TV Stickにイーサネットアダプタ挿す
  3. イーサネットアダプタにLANケーブル挿す
  4. IDとパスワード入れる
  5. 設置完了

有線はやっぱり安定する

確かにちょっと前とは違い、無線・有線の回線速度に差はなくってきている。しかし有線を使うと「やっぱり安定してるなー」と感じる。

回線速度が劇的に早くなったりはしないが、回線が混雑する夜〜深夜でも、速度もネット接続もスムーズ。

動画は大容量データなので、どうしてもダウンロードに時間がかかる。そうなると「安定した回線速度」が出せる有線、こちらが理にかなっている。

Amazonイーサネットアダプタの接続

Fire TV Stick裏の放熱板

まあ「無線はダメ」ということではなく、Amazonは万人が使いやすいことを想定しているし。無線の方が導入に関してはスマートだと思う。

「どの顧客層までフォローするか」って問題だし、難しい。

まとめ

Fire TV Stickが約5000円で、イーサネットアダプタが約1300円。(価格は私が買った当時)本体価格と比較すると、ちょっと安いとは言えない。

ただ、買う価値は十分すぎるほどある。

だって。せっかく映画が盛り上がってきたところで、水を差されたらめっちゃテンションの下がる。それを回避できる、それを1000円ちょいで解消できるなら言うことない。

「再起動や設定、いろいろやったけどダメだった」という人は、まず無線の回線速度を調べてみるといいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です