2018年プライムビデオで観まくった映画100本+α & おすすめ個人的ベスト3。

タイの街並み

2018年目標のひとつ『年間100本映画を観る』。キッカケは「『映画鑑賞』って趣味の定番だけど、本当に映画鑑賞が趣味の人って会ったことないな⋯」という疑問から。

「それなら自分が『趣味:映画鑑賞』になってみるか」と始めてみた。ただ思いたのが4月なので、残り8ヶ月と厳しかったが「やれるだけやってみるか」とポジティブに考えた。

そして12月28日、100本達成。のんびりだったけど、毎日コツコツ観てたら目標到達してた。やっぱり継続は力だなー。



観ていたサイトや選び方など

観ていたサイト

ほぼAmazonプライムビデオ年間プランなら月325円で映画やアニメも見放題とか、いい時代になったなー⋯。

作品の選び方

とにかく『第一印象 & 3秒で決める』こと。映画館だと高いお金を払うし、途中でやめられない。そのため「リスクの少ない」選び方になる。

ただ年間100本観るには、悩むよりテンポが大事。とにかく即断即決で、少しでも「ん?」と思ったら決定。もしハズレ映画でも、そっちの方が話のネタになる

いつ・どうやって観る?

1時間や30分など短くてもいいので、時間を見つけて観る。オンデマンドの利点である「観たい時に観れる」ことを最大利用。

私は『通勤(往復):30分』『昼休み:1時間』で観ている。これで週3〜4本はいける。

映画は刻んで観ること

このブレイクスルーで飛躍的に観やすくなる。そもそも映画は明確な起承転結があるので、30分刻みでキリよく止めれる。

アニメ・ドラマ

作品数は少ないが話数があるので、おそらく映画40本分くらいは観ている

シーズンものは長いため、ミスると大惨事の可能性があるので⋯ある程度は情報を持っているものから選んだ。(ウォーキング・デッド1〜6は視聴済み)

作品名
1 亜人ちゃんは語りたい
2 プラネット・ウィズ
3 ワカコ酒
4 甘々と稲妻
5 ゆるキャン△
6 いぬやしき
7 恋は雨上がりのように
8 鬼灯の冷徹 第弐期
9 SUITS/スーツ シーズン1
10 アルドノア・ゼロ
11 ウォーキング・デッド シーズン7
12 ウォーキング・デッド シーズン8
13 境界の彼方
14 ボールルームへようこそ
15 デッドストック
16 獣になれない私たち

映画

一覧になったのを見ると、「よくこんなに観たなー⋯」と自分のことながらビックリする。今まで観た映画の数、おそらく1年で上回った気がする。

しかしパッと選んだはずなのに、明らかに好きなジャンルに偏ってるなー⋯Amazonおすすめ、おそるべし。

作品名
1 オーシャンズ11
2 エクスペンダブルズ
3 インセプション
4 トランスフォーマー/最後の騎士王
5 トランスフォーマー/ロストエイジ
6 シャッター アイランド
7 トランスポーター
8 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
9 トランスフォーマー/リベンジ
10 トランスフォーマー
11 オール・ユー・ニード・イズ・キル
12 雨あがる
13 グラン・トリノ
14 ザ・レイド
15 ザ・レイド GOKUDO
16 デッドプール
17 オブリビオン
18 イップ・マン 序章
19 イップ・マン 葉問
20 シャーロック・ホームズ
21 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
22 SING/シング
23 ターミネーター:新起動/ジェニシス
24 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1話
25 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2話
26 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第3話
27 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第4話
28 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生
29 映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜
30 ゴースト・イン・ザ・シェル
31 映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
32 レ・ミゼラブル (2012)
33 ジェイソン・ボーン
34 テルマエ・ロマエ
35 テルマエ・ロマエ Ⅱ
36 聖☆おにいさん
37 リトル・フォレスト 夏・秋
38 リトル・フォレスト 冬・春
39 300<スリー ハンドレッド>
40 ロード・オブ・ザ・リング
41 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
42 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
43 16ブロック
44 キック・アス
45 インデペンデンス・デイ
46 ボーダーライン
47 ウルフ・オブ・ウォールストリート
48 バイオハザードⅣ アフターライフ
49 13時間ベンガジの秘密の兵士
50 探偵はBARにいる
51 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
52 ボーン・アイデンティティー
53 ボーン・スプレマシー
54 ボーン・アルティメイタム
55 第9地区
56 ワールド・ウォーZ
57 東京ゴッドファーザーズ
58 映画「劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇」
59 龍の歯医者 前編・天狗虫編
60 龍の歯医者 後編・殺戮虫編
61 アイ・アム・レジェンド別エンディング
62 劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
63 シン・ゴジラ
64 マイノリティリポート
65 ゲットアウト
66 日本で一番悪い奴ら
67 グリーン・ゾーン
68 クローバーフィールド
69 M:i:III
70 ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル
71 ミッション:インポッシブル/ ローグネイション
72 銀魂
73 The Negotiator
74 Man On Fire
75 ローン・サバイバー
76 超高速!参勤交代
77 超高速!参勤交代 リターンズ
78 フェイクシティ ある男のルール
79 アイアムアヒーロー
80 トレーニングデイ
81 キャストアウェイ
82 アフタースクール
83 サイレントヒル
84 サイレントヒル:リベレーション
85 ボーン・レガシー
86 鍵泥棒のメソッド
87 トランスポーター2
88 トランスポーター3 アンリミテッド
89 デッドプール2
90 MEG ザ・モンスター
91 カメラを止めるな!
92 ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
93 ローガン
94 新感染 ファイナル・エクスプレス
95 ヘンゼル&グレーテル
96 イコライザー
97 メカニック:ワールドミッション
98 SAFE/セイフ
99 アウトロー
100 メカニック
101 ブリッツ

2018年 個人的ベスト3

映画の作品・芸術性や認知度は関係なく、主観で「面白かった!」と思った3作品

カテゴリーどころか、ジャンルや公開年数もバラバラなカオスっぷり。もし「ちょっと映画観たい気分だけど⋯観たい映画思いつかないなー」なんてときの参考にでも。

第1位

新感染 ファイナル・エクスプレス

ゾンビ映画界の新星!圧倒的な映像力と巧みな伏線。そしてゾンビを使った人間表現の素晴らしさ!ぶっちぎりの面白さ!!

振り向くコン

出典:https://eiga.com/
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

スタートからテンポのよい導入、退屈することなくラストまで駆けぬけていく。観る前の「タイトル、ダジャレじゃん⋯大丈夫?」とかナメてた自分を叱りつけたい

とにかくヨン・サンホ監督のセンスがいい。カメラ構図や伏線などもおりまぜて、表現の難しい「心の機微」を描いている。

そして衝撃のラスト。もうねー⋯よくこんな心に響く伏線回収を思いつくわ⋯涙腺が大爆発した。観終わった後、胸にぽっかり風穴があいた感じ。

第2位

ザ・レイド

ぬるいアクションは一切なし!8割バトル!マンションという閉鎖空間で戦って、戦って、戦いまくる!

出典:http://www.kadokawa-pictures.jp
©MMXI P.T. Merantau Films

インドネシアの格闘技「シラットを使った、完成度の高いバトル。その質と量にアクション映画フリークも絶賛、ほぼ肉弾戦というバトルジャンキー映画

ストーリーはシンプル。麻薬王の支配するビルに潜入&逮捕⋯だったけどお約束の裏切り者、正面突破のガチバトル。スカッとしたい時にはこれしかない。

続編:ザ・レイド GOKUDO

こちらは1作目の続きだが雰囲気かなり違う。バトルもあるが、スパイ要素など精神的な部分が多い。個人的には1作目のような、バトル特化&限定空間の方が好き。

第3位

リトル・フォレスト(2部作)

田舎に帰ってきた主人公(橋本愛)が、ほぼ自給自足の暮らしをする映画。とにかく食べものが美味しそうで、深夜には飯テロ

トマトを食べる

出典:http://www.allcinema.net/
©リトル・フォレスト製作委員会

ほぼ自給自足とはいっても、サバイバルな映画ではない。この映画のテーマは『生きていく』こと。食べるために育て・料理し、自分と向きあったり、投げだしてみたり。

そんな生きるための全てを、原風景の美しい映像と『食べる』という根源的な部分から、描きだしていく。

まとめ

見切り発車だったけど、やってみたら有意義な経験だった。映画を観ると笑ったり悲しんだり、気持ちがスッキリして、いいストレス解消に。

さらにデザインをするのに良いインスピレーションを与えてくれたり、他にはない気軽にできる気分転換。2019年は本数を増やして『年間150本』を目標

いやー映画、楽しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です