映画『アメリカン・スナイパー』/「伝説」と「悪魔」2つの名前を持つ英雄の物語。

「アメリカン・スナイパー」メイン画像

出典:https://eiga.com/
©2014 Village Roadshow Films (BVI) Limited, Warner Bros. Entertainment Inc. And Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

平和を守るために向かった戦場という悪夢。無事に帰還したアメリカで待っていたのは、自分の知らない世界だった。

公式戦果160人、非公式は255人という米軍史上最多記録を持つ、伝説のスナイパー「クリス・カイルを半生を描く。

あたかもヒーローの輝かしい戦歴を見せそうなコピーだが⋯この作品は単なる英雄譚でなく、戦争の『後』に関わる人たちの、深い悲しみの物語。

アフガン・イラク戦争を批判しているクリントン・イーストウッドらしい強いメッセージ性のある作品。重いテーマではあるが、伝えるべき戦争の真実を描いた傑作。



作品情報

あらすじ

米軍史上最多、160人を狙撃したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。 国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。描かれるのは伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生。

作品のポイント

「アメリカン・スナイパー」が特別なワケ

戦争映画で名作と呼ばれるものはたくさんある。ハートロッカーフルメタルジャケットプライベート・ライアン⋯あげ出せばキリがない。

そんな作品たちに並ぶように、アメリカン・スナイパーは高い評価を受けた。

それは「普通の人が兵士になり、どう生きていくか」という国家ではなく、個人から見た戦争の功罪を描いているからだろう。

初めて狙撃した後のクリス

出典:https://m.imdb.com/
©2014 Village Roadshow Films (BVI) Limited, Warner Bros. Entertainment Inc. And Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

戦場による心の傷跡や、家族とのわだかまり。表舞台には出てこないアメリカが抱える問題であり、兵士たちの等身大の苦しみ。

クリス・カイルという実在の人物を描きながら、戦争が生み出す影を風刺した作品。

日常の先にある「戦争」

主人公であるクリス・カイルは、テキサス州でカウボーイとして生計を立てていた。

しかしアメリカで起きた911を目にしたことで、愛国心より軍に志願する。軍学校からのキャリア組や、家族が軍属というわけでもなく、志願兵という一般的なスタート。

日本でも東日本大震災の時、東北の光景を目にした世界中の人たちが募金やボランティア、他にも自衛隊への志願も増加など。有事に「何かしたい」という気持ちは、人間にとってごく自然なもの。

ただ軍を保有するアメリカでは、選択肢の中に「戦争」という世界が地続いている。

イラクの戦場シーン

出典:https://m.imdb.com/
©2014 Village Roadshow Films (BVI) Limited, Warner Bros. Entertainment Inc. And Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

もし普通に生きてきた人物が戦場に足を踏み入れたら?というif。クリス・カイルを通して、視聴者は戦場と兵士の日常を見ることになる。

才能が呪いに変わる

ごく普通のスタートをしたクリス・カイル。そんな彼には1つだけ、特別な才能があった。それが『狙撃』。

クリスの狙撃シーン

出典:https://m.imdb.com/
©2014 Village Roadshow Films (BVI) Limited, Warner Bros. Entertainment Inc. And Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

小さなころからよく父親と狩りに出かけ「お前には狩猟の才能がある」と言われていた。しかし平和な世界では、その才能は陽の目を見ることもなかった。

だか期せずして『戦場』というフィールドで、その才能は大きく花開くことになる。その結果が公式戦果160人、非公式255人という米軍史上最多の記録

その数はそれ以上の仲間を救ったということでもあった。それにより周りからは『伝説』と、救った兵士からは賞賛が。

しかし彼はそんな声に喜ぶでもなく、愛想笑いのような曖昧な表情をする。

彼の射撃は誰かの救いになっても、皮肉にも彼自身を救ってはくれない。その才能が戦場で輝けば輝くほど、彼をより戦地へと引きずり込んでいく。

その類まれなる才能が、いつしか彼を戦場に縛りつける呪いになっていた。

帰還した兵士たちが待つ現実

平和のためと戦場に向かう兵士たち。私たちも多くの映画で、そんな光景を目にしたことがあるだろう。

主人公たちは戦地での激戦の末に、何かしらの結末を迎え、普通はそこで話は終わる。通常、戦争映画は何度も戦場へ行くことはない

しかし、この作品の主人公であるクリスは計4回、戦場へ駆り出されている。一時は平和な国へ帰れても、また過酷な戦地へ。

イラクへの派遣

出典:https://m.imdb.com/
©2014 Village Roadshow Films (BVI) Limited, Warner Bros. Entertainment Inc. And Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

戦場での命の危機や、殺傷の経験などによる罪の意識⋯繰り返される極限状態に、少しずつ心を蝕まれていく。そして、心の爪痕は帰還後の生活にまで影響をおよぼす。

バックミラーに映る車、ドリルの音、犬の吠える声。ささいなことでさえ、戦場の緊張感が呼び起こされる。その異常行動に加えて、派遣での長期不在による家族との折り合いの悪さ。

平和のために戦っていたクリスは、その平和な世界に疎外感を感じ、強い孤独を覚えるようになる。

家に帰ることができないクリス

出典:https://m.imdb.com/
©2014 Village Roadshow Films (BVI) Limited, Warner Bros. Entertainment Inc. And Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

帰還兵の多くは戦場で心に残った傷により、日常生活への復帰に苦心する。PTSDがひどい場合には、酒やドラックへの依存、さらには自ら命を絶つなど。

描かれることの少ない「戦争後の生活」。それは勲章に彩られた輝かしいものとは違い、重く悲しみに満ちていた。

まとめ

通常エンターテイメントでは、ヒーロー以外の人生にフォーカスされることはない。あくまで物語を構成するための要素の1つでしかない。

しかし現実には英雄という光の影に、たくさんの傷ついた兵士たちがいる。彼らにも人生があり、戦いの後も生きていかなくてはならない。

ヒロイズムが覆い隠した、終わることのない兵士たちの現実。それがあのラストシーンにつながるかと思うと、あまりにも悲しく救いがなさすぎる。

観終わった後に残ったやるせなさこそが、この作品が伝えたかったものなのかもしれない。

その他 映画レビュー

インターステラーのメイン画像

映画「インターステラー」/人知を超えた宇宙の美しさと「時」に縛られる残酷さ

2019年2月1日
イコライザーのメイン画像

映画「イコライザー」/オラついたロシアンマフィアを徹底的に叩きつぶす、哲学的ビジランテ作品

2018年12月5日
サイレントヒルのメイン画像

ラストシーン、ローズたちはなぜすれ違う?霧のなかに生まれた恐怖。映画「サイレントヒル」

2018年11月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です