映画「イコライザー」/オラついたロシアンマフィアを徹底的に叩きつぶす、哲学的ビジランテ作品

イコライザーのメイン画像

出典:https://m.imdb.com/
© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc.All rights reserved.

デンゼル・ワシントンがアカデミー賞を受賞した「トレーニング デイ」の監督、アントワーン・フークアとの再タッグ作品。

悪人や不正に一切の慈悲なし!日常を脅かす悪を片っぱしから消しまくる!デンゼル・ワシントンが見せるインテリ系ダークヒーローもの。

クロエ・グレース・モレッツが出ていることでも話題になった。



作品情報

  • 公開/2014年9月7日
  • 製作国/アメリカ
  • 監督/アントワーン・フークア
  • 出演者/デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス
  • 映倫区分/PG12指定

あらすじ

元CIAエージェントのマッコールは、いまはホームセンターで働く、ごく普通の真面目な人間として生活していた。

しかし、ある夜、なじみのカフェで娼婦の少女テリーと出会い、彼女を囲うロシアンマフィアの非情さに、内に眠っていた正義感が目を覚ましていく。

かつてのマッコールは、身のまわりにあるあらゆる物を武器に変え、警察では解決できない不正をこの世から瞬時に消してしまう「イコライザー」と呼ばれる男だった。

マッコールはテリーとの出会いから、再びイコライザーとしての仕事を遂行していく。

引用:Amazon

おすすめポイント

マッコールのミステリアスさ

主人公マッコールは序盤から、異常なまでの几帳面さを見せる。生活感のない部屋、秒単位まで時計を気にする。思わず「感情のない精密機械タイプ?」と感じさせる。

しかし、ここからがマッコールという人物の魅力、そしてアカデミー賞俳優のデンゼル・ワシントンの腕の見せどころ。

職場のホームセンターについたマッコール。そこで見せたのは⋯。

フレンドリーなマッコール

出典:https://m.imdb.com/
© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc.All rights reserved.

みんなに柔らかな笑顔で挨拶、まわりも彼にとても親しげ。同僚のトレーニングに付き合ったり、さらにジョークでダンスをしたり。

あまりの違いに「え?」と目を疑ってしまう。それは一般人に馴染むための演技か、それとも本当にフレンドリーな人物なのか。

そのミステリアスなキャラクターに、どんどん引き込まれてしまう。

すべての始まり「深夜のダイナー」

眠れないマッコールがすごす、深夜のダイナー。それはエドワード・ホッパーの「ナイトホークス」を想起させる。

ダイナーにたたずむマッコール

出典:https://m.imdb.com/
© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc.All rights reserved.

ナイトホークス

エドワード・ホッパー「ナイトホークス」
出典:https://ja.m.wikipedia.org
© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc.All rights reserved.

普通に戻ることもできず、愛するものも失ったマッコール。そのゆるやな悲しみが「都市の孤独」を描いたナイトホークスとシンクロしている。

そんな時ふとしたことで、マッコールは同じダイナー常連のテリー(クロエ・グレース・モレッツ)と知りあう。

テリかアリーナ

出典:https://eiga.com/
© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc.All rights reserved.

たまたま会えばぽつりと語る、そんなささやかな関係。だが、それはお互いの変わらない日々に、わずかながら彩りをそえてくれた。

しかし、それはある「暴力」によって、あっけなく失われてしまう。

そんな何気ない幸せさえ踏みにじられた時、「昔の自分には戻らない」そう誓ったマッコールに、再び戦うことを決意させる。

マッコールの異次元バトル

彼は武器というものを一切持ち歩かない。戦いに使用されるのは、自分の戦闘能力と「身の回りにある」ものだけ。

ハンマーを拭いている

出典:https://m.imdb.com/
© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc.All rights reserved.

フォークや灰皿などスタンダードなものから、コルク抜きに高枝切りバサミまで。あらゆるものを駆使して、向かってくる敵を撃退していく。

ホームセンターでのラストバトル

殺しのアイテムは、話が進むごとに多岐にわたり始める。

まずロシアンマフィアの下っ端を闇にまぎれて、1人また1人と倒していく⋯有刺鉄線やバーナーで。

そしてマッコールを執拗に狙っていた殺し屋のボスと、ついに対決するシーン⋯手にしてる武器はネイルガン(釘打ち機)。釘のリロードもショットガンのようにスタイリッシュ。

ホームセンターのスプリンクラー

出典:https://eiga.com/
© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc.All rights reserved.

すごくカッコいい!⋯けれど、デンゼル・ワシントンの超マジメな顔と手にした武器を見ていると、なぜだかジェイソン・ステイサムが頭をよぎってしまう。

バトル前の思考シュミレーション

これがバトルにメリハリを出してカッコいい。そういえば、近いことをロバート・ダウニー・Jr版のシャーロック・ホームズもやってたな。

まとめ

アクションは見ごたえがあり派手だが、けしてマッチョな映画ではない。

“イコライザー”マッコールは、超人的な頭脳と戦闘力をもち、高い社交性で一般社会にとけこみ、まわりからの人望もある。だが、ふとした時なんとも言えない悲しさを見せる。

ダークヒーローの活躍だけでなく、哀愁や喜びもしっかりと描かれている。じっくりとアクション、そしてヒューマンドラマを堪能できる映画。

その他 映画レビュー

サイレントヒルのメイン画像

ラストシーン、ローズたちはなぜすれ違う?霧のなかに生まれた恐怖。映画「サイレントヒル」

2018年11月11日
超高速!参勤交代のメイン画像

やっと帰ってきたのに、また参勤!?しかも10日かかるのを、4日で!?「超高速!参勤交代 & リターンズ」

2018年10月29日
オスカー像メイン画像

「アカデミー賞」史上最多受賞は?全部で何部門ある?

2018年10月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です