これじれた恋愛はまとまったが⋯オオトリにいたのは最後のケモノ「獣になれない私たち」第9話 感想

残された恋愛のゴタゴタは思いの外、順調に消化されていった。明らかに9話の目的は恋愛方面の後かたづけ、そして最終バトルに向けた前哨戦。

ついに来週が最終回。来週が過ぎれば、水曜日に松田龍平が見られるミラクルも終わってしまう⋯。

前回の放送

松田龍平の神がかった演技!あと橘カイジもでるよ「獣になれない私たち」第8話 感想

2018.11.29

第9話の感想

英雄という犠牲

最前線に立つものは血にまみれ、手を汚す。戦うべき相手から敵意を向けられ、戻れば異端者として扱われる。

会社の人たちが、恋人が、顔見知りが求めた、面倒なヒーロー。完璧に仕事をこなし、いやな上司の盾になり、笑顔で優しく、みんなに親切な人。

誰だって、そんな「英雄という名の生贄」にはなりたくない。イヤなクラス委員なんて、誰も手を上げようなんてしないわけだ。下を向いて「自分ではない誰か」が選ばれるのを待つ。

しかし晶はその「英雄」になってしまった。壊れしまった家庭環境の代償行為なのか、関係が崩れることに強く恐るがゆえに。

その彼女は、ついに最後の戦いをはじめてしまう。

まさかの九十九社長がラスボス

回を重ねるごとにヘタレいった社長が、ここに来て再燃。晶にとっての始まりであり、終わりになる。

最初から典型的ワンマン社長によるパワハラ。晶のいくつもある悩みのタネのひとつ。しかし、なかなか愛嬌があり、少しずつ性格も丸くなって好感度を上げてきた。

私も大好きなキャラだったけど⋯最後の最後で牙をむいた。もう大きな問題は晶の会社と、恒星の粉飾決算しかないしね。

9話ではやり込められたけど、晶は胸に秘めた「爆弾」と、ここまでの成長がある。果たして最後は戦うのか、サラッと撤退するのか。

ついに晶と恒星が⋯

自然体でいられる友達として、お互いに敬意を払う相手だったが、ついに一線を超えてしまう。いやー超えちゃったかー⋯。

「男女の友情は存在しない」と公言する恒星。しかし晶との「性別関係なく 人間同士」という関係は、恋愛によって「壊すには惜しい」と。

プライベートの問題を超えて、今度は仕事へ新たな道を進もうとする2人は、その一歩を踏み出すため戦いに挑むが⋯破れてしまう。

それは2人にとってあまりに辛く、深い絶望だった。晶を大事に思っていた恒星が、恒星をいい飲み友達と認めた晶が。お互い慰めを求めてしまうほどに。

まとめ

恋愛においての人間関係は、だいたい回収。特に京谷のお母さんが、晶と朱里たちと和解できたのは嬉しかった。

そして京谷は最後まで「らしい」グダグダさ。それもこれも田中圭のいい演技が光っていたおかげ、ちょっとクセになってきた。

ラストは粉飾決算、そして晶の直接対決が山。タイトルの「獣になれない」の意味が問われる最終話⋯ガツンとやってほしい!!

⋯晶と恒星が恋愛する時間ってあるのかな?

見逃したらこちら

  • 日テレ無料(最新話のみ/12月12日(水) 21:59 配信終了)
  • TVer(最新話のみ/12月12日(水) 21:59 配信終了)
  • Hulu(全話/2週間無料お試し)

前話のレビュー

松田龍平の神がかった演技!あと橘カイジもでるよ「獣になれない私たち」第8話 感想

2018.11.29

ついに晶と京谷の関係に結末、まわりにも変化が「獣になれない私たち」第7話 感想

2018.11.27

橘カイジは誰?呉羽があかす恒星との別れの理由「獣になれない私たち」第6話 感想

2018.11.16

終わりない負のループに、晶が無感情になっていく「獣になれない私たち」第5話 感想

2018.11.09

ガッキーと松田龍平がついにラブシーン?泥沼にはまっていく彼氏「獣になれない私たち」第4話 感想

2018.11.02

ガッキー彼氏の終わった感すごい「獣になれない私たち」第3話 感想

2018.10.25

ガッキーと彼氏の雲行きが怪しくなってきた⋯「獣になれない私たち」第2話 感想

2018.10.19

この2人はやっぱり絵になる!「獣になれない私たち」第1話の感想

2018.10.12

映画を見るのに2時間もいらない!

2018.08.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です