3年間使いたおし、これで2代目。相場の半分くらいで価格も安い、おすすめパスケース。

キーリールのパッケージ

ずっと使っていたパースケースが壊れた。Amazonの履歴見たら「2016年5月19日」。おーすごい、ほぼ丸3年。

800円以下のお手ごろ価格で3年も使えたなら十分すぎる。調べると、まだ同じ商品があったので買い直した。



レビューポイント

壊れたのは「ストラップ部分」のみ

カドが擦れたりしているが、実はパスケースそのものは壊れていない。今回壊れたのは、ストラップをつけるベルト部分。

パスケースのベルト破損

キーリールにつなげているのだが、気がついたらパスケースの接続部分が千切れていた。(パスケースはポケットに残ってた)

1500回以上のひっぱりに耐えた

3年間通勤で使っていたので⋯ざっと計算しても1500回以上はひっぱってたはず。安いという理由で買っただけだったが、ここまで壊れないのはスゴい。

3年間使ってみたレビュー

(こんな長期間のレビューって珍しい?かも)

パスケースは役割がはっきりしているので、その必要な要求に応えられるかが重要。「カード出し入れ、収納」「耐久性」「見た目」など。

耐久性については3年いけたので実証済み。(左が新品、右が3年使ったもの。薄汚れてる⋯)

パスケースの経年比較

カードの取り出しはスムーズで、カード収納も表に1枚、裏に2枚と十分。質感は合皮?の型押しで手触りもいいし、裏地はドット柄でかわいい。

キーリールと相性バツグン

先ほど話に出てきた「キーリール」、これがとても便利。交通系ICカードを使う人、すべてにおススメしたい。

そもそも、一番最初にこのパスケースを選んだ理由が「キーリールと一緒に使えるもの」という条件だった。

パスケースとキーリール

パスケースって、カバンの中からパッと見つかりづらい。さらにポケットから落としたり、どこかに置き忘れたりとリスクがある。

キーリールがあれば、それらの問題を一気に解決してくれる。使うときはグーっとひっぱり、カードをタッチしたらパッと離せばいい。

カラビナをつけたカバンやジーンズを失くさない限り、落としたり置き忘れもない。(お酒を飲んだ時に、何度も助けられた⋯)

おまけ

写真で使っているKeySmart。これで鍵をまとめると、かなりスッキリ。

コードは超強靭な「ケブラー繊維」

以前はカールコードを使っていたのだが、しばらく使うとコードが伸びてしまい、使い物にならなくなってしまった。

新しくするなら、今度はちょっとやそっとじゃヘタレないヤツがいい。そこで見つかったの「ケブラー繊維」。

キーリールを伸ばす

ケブラー繊維は、アメリカのDuPont(デュポン)社が開発したアラミド繊維の一種。

高い「耐切創性」「耐摩耗性」を持ち、防弾チョッキなどにも使われるほど堅牢な繊維。(写真だと少し毛羽立ってきているが、切れそうな雰囲気はない。)

まとめ

パスケースが壊れた次の日。さっそく定期を家に忘れてしまい「やっぱりパスケース新しく買おう」と選んだのが、3年前と同じ商品、しかも同色。

やっぱり好みって何年たっても、なかなか変わらないんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です