Airpods 2 新型をもう待てない!スマートな充電はこれでOK

iPhone X と Airpods

AirPodsは、ケースからイヤホンを取りだすだけ。この便利さを知ってしまったら、他のヘッドホンやイヤホンも、使わなくなってしまった。

ただ致命的な弱点が1つ。

AirPodsは「コード接続」で充電。これは思いのほか、わずらわしい。iPhone X置くだけ充電なのに、その横でちまちまコードをつなげてる⋯。

新型AirPodsのケースは、無接点充電。しかし延期ばかりで、発売も未定。

しびれを切らして、充電スタンドを買うことに。

充電スタンドについて

充電スタンドにした理由

ケースにかぶせる、無接点充電ケースというのもあった。そっちも気にはなっていたが⋯。

AirPodsは、持ち歩く時間がほとんどのため「ケースが大きくなる & 重くなる」のは致命的なデメリット。

あと、見た目がどんくさい感じに⋯。

それならば「置くように充電できるスタンド」を探すことにした。

充電スタンド

デザインと使いやすさで、これが1番だった。

ただ⋯まんなかのロゴが、ちょっと主張しすぎ。メーカーさんには申しわけないけど、消すことにした。

充電スタンドのロゴを消す

コンパウンドとミニルーター

コンパウンドとミニルーター

車に使われるキズ消し「コンパウンド」。それをつけてミニルーターでこする。

「ポケットを出し入れしていたら、ロゴがいつのまにか消えた」。これを人為的にやるこということ。

必要なもの

コンパウンド

違いがわからなかったので、ランキング1位のメーカーで、値段が安いやつを選んだ。

コンパウンドの外観

ミニルーター

ミニルーターも詳しくないので、Amazonのランキング1位から選んだ。2,500円くらいでコスパもいい。

ミニルーターセット

ロゴの消しかた

まずは綿棒の真ん中あたりを、はさみでちょっきん(すぐに削れるので綿棒で十分)。そしてミニルーターに装着。

ミニルーターと綿棒

コンパウンドを綿棒につけてー⋯、ロゴに軽く当てたらスイッチオン!コツとしては「かるく触れてるくらい」、ちからは必要ない。

充電スタンドとミニルーター

はい、ものの数秒でキレイに消えました。

残りの部分も消してー、コンパウンドをふきとってー、おしまい。

充電スタンドとAirpodsなし

じゃじゃーん!

バーっとやったから、ちょっと黒いのが残ってるけど⋯まあいっか!カッコいいー!(たぶん器用な人は、もっとキレイに消せる)

デザインと使いやすさ

デザイン

充電スタンドとAirpods

充電ランプもさりげなくて、AirPodsのぽってりしたデザインとマッチしてて、かわいい。

気になるとすれば、充電スタンドの色が、クリームがかっていることくらいかな。(AirPodsはスノーホワイトだから、パッと見でわかる)

私は色とかは、特に気にならなかった。むしろ1番気になったのはロゴ(消したけど)。

使いやすさ

「だいたい」でAirPodsをさしこめる、すごい簡単。抜くのはちょっと力いるけど、さしてるからしょうがない。

まとめ

充電スタンドすごいよかった。質感もいいし、使いやすい⋯もっと早く買えばよかった。

ロゴを消すのも簡単だった、ミニルーターすごい。やっといていうのもだけど、気にならない人は、そのままでもいいと思う。

わずらわしかった、AirPodsの充電問題もこれで解決。新型AirPodsを待つ必要もない。

その他 レビュー

血管収縮剤と防腐剤フリー、どちらも配合なしのおすすめ目薬

2018.10.05

超軽量76g折りたたみ傘。バグったみたいな軽さ「mabuのhane」

2018.09.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です