バイトしたり、サンマを焼く殺し屋「ザ・ファブル」

ザ・ファブルメイン画像

出典:https://yanmaga.jp/
© Katsuhisa Minami

フィクションの特別な存在「殺し屋」。

圧倒的な戦闘力と幅広い知能を駆使し、困難かつ汚れ仕事でもこなす。そして犯罪者でありながらも「カッコいい」と感じてしまう魅力を持つ。

「ザ・ファブル」もそんな殺し屋の話。普通と違うのは、「殺し」をしない殺し屋。「伝説の殺し屋が1年間休業、大阪で一般人として暮らす」というストーリー。

殺し屋が「殺さない」、それが殺し屋らしさをより鮮明に浮き彫りする風変わりな作品。



作品情報

  • 著者/南 勝久
  • 掲載誌/週刊ヤングマガジン
  • 既刊/全15巻(2018年9月00日現在)
  • 受賞/第41回講談社漫画賞 一般部門

あらすじ

殺しの天才〈ファブル〉はいつものように仕事を終え、ボスに報告へいくと「今年は仕事をしすぎたから、1年間休業して身を隠せ」と言われる。

そして「どんな環境にも適応できるよう思いっきり一般人になり、仕事や友達に恋、フツーに生きる人間を学べ」と。

〈ファブル〉は佐藤 明、助手は佐藤洋子という名前を与えられる。2人は佐藤兄弟として、ボスに親交のある大阪のヤクザ「真黒組」に預けられる。そこで一般人として新生活を始める。

おすすめポイント

佐藤のクセになる性格

〈ファブル〉こと佐藤は、幼いころからボスに育てられた生粋の殺し屋。一般的な知識はあるが、比較対象がいなかったためか「知識と行動のズレ」がすごい。

「えーちょっと佐藤くん 枝豆の皮食べるの?」
「え?ひょっとして⋯ふつう⋯てのは食べない⋯のか?」
「まあ⋯食べれなくもないがー⋯ふつうは⋯食べんわなァ⋯」

(中略)

「スイカの皮も食べたりしてー⋯」
「⋯えっ ふつうは⋯スイカの皮⋯食べないのか⋯」
「え!?」

(中略)

「骨は食べちゃダメーッ!」
「え?(手羽先の骨バリバリ食べてる)」
「泣き虫のクセにィーーなんかスゴイな⋯佐藤⋯」

「間違ってないが正しくもない」グレーすぎる解答。佐藤が一般人とあまりに違う世界の住人すぎて、勘違い落語のようなトンチンカンなやりとりが面白すぎる。佐藤本人も天然なのか、会話のリズムやチョイスが独特。

ザ・ファブルサブ画像3

出典:http://akm.md-dc.jp/
© Katsuhisa Minami

さらに佐藤は行きがかり上「泣き虫のヘタレキャラ」を演じている。しかし伝説の殺し屋、ハンパじゃない能力が隠しきれない⋯⋯というより佐藤にはそれが「ふつう」。殺し以外のことは変に隠そうとしない。

その結果「不良に絡まれて泣くヘタレで、ナイフ1本あれば山で自給自足の生活ができ、往復40分かかる距離を汗ひとつかかず20分で移動し、食べ物は皮や骨ごとバリバリ食べる、そして超猫舌」という意味不明すぎるキャラになってしまう。

どこにでもある日常

佐藤は殺しのプロとして「ふつう」になるべくバイトを始める。

時給は最低賃金以下の800円。メインは配送業務だが、事務所やトイレの掃除など雑務もこなす。しかし佐藤は嫌な顔ひとつせず、とても楽しそうに働く。

バイトから帰ると、屋上でサンマを焼く。それを食べながら、お気に入りの芸人が出ているドラマを見る。そして変わらない日々を終える。

ザ・ファブルサブ画像2

出典:http://akm.md-dc.jp/
© Katsuhisa Minami

私たちにとって当たり前の日常。だが殺し屋の世界にずっと住んでいた佐藤には、新鮮で穏やかな日々。

ただ佐藤は超一流の殺し屋。この生活が期限付きであり、殺し屋として「ふつう」の行為をしている。そのことを忘れていない。

「どこにでもある日常」を楽しそうに過ごす佐藤。しかし、ふと終わりを見据えるような姿に、胸を締めつけられてしまう⋯⋯。

〈ファブル〉佐藤の異次元な強さ

ふつうの日々を送っていた佐藤だが、やはり殺し屋の業なのか、ゴタゴタに巻き込まれてしまう。

しかし「殺し屋の本領発揮ーー。」とはいかない。佐藤はボスに「殺しは禁止」の命令をうけていた。

今まで「殺す戦い方」をしてきた佐藤は、「殺さない戦い方」をしなくてはならなくなる。佐藤曰く、それが何よりも難しいと。

ザ・ファブルサブ画像1

出典:http://akm.md-dc.jp/
© Katsuhisa Minami

ボスから「6秒以内に敵を倒す」訓練をされている佐藤は、「殺せない」状態でも圧倒的な強さ。それが〈ファブル〉をいかに異質かを表現している。

  • 単純な戦闘力
    佐藤(手加減あり)>>>(超えられない壁)>>>佐藤妹>>(超えられない壁)>>普通の殺し屋

現状はこんな感じ。しかも佐藤曰く、佐藤妹の100倍の強いと豪語するインフレっぷり。ヤクザの闇取引所に突入するのは「散歩みたいなもの」くらいらしい。果たしてこれから佐藤レベルの殺し屋が出てくるのか⋯⋯。

まとめ

この作品の面白さは、佐藤という「殺し屋フィルター」で見る「どこにでもある日常」。

佐藤は今まで殺すため、人と相対してきた。彼から見た「ふつう」の世界は、私たちの知らない様々な側面を見せてくれる。

ザ・ファブルサブ画像4

出典:http://akm.md-dc.jp/
© Katsuhisa Minami

おまけ

今回は主役の佐藤が主軸だったけど、サブキャラにもいいキャラがたくさんいる。

特におすすめは、酒が主食「ミス・アルコール・ガール」佐藤の妹。ヒマつぶしに人を酔わせて、ベロベロするのが趣味の小悪魔、というか悪魔。

ザ・ファブルサブ画像5

出典:http://news.kodansha.co.jp/
© Katsuhisa Minami

その他 漫画レビュー

魔女メイン画像

「魔女」たちの世界

2018年8月31日
笑うあげはメイン画像

笑顔に隠されたもの「笑うあげは」

2018年8月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です