笑顔に隠されたもの「笑うあげは」

笑うあげはメイン画像

出典:http://www.takeshobo.co.jp/
© YUTAKA TANAKA / TAKESHOBO

あなたは麻雀のルール知っていますか?今回は不思議な漫画「麻雀を知らなくても読める麻雀漫画」です。

ベースは麻雀漫画なんですが、人間ドラマがメインという意欲的な作品。近代麻雀という専門雑誌でこういう連載をするとは⋯竹書房さんは懐が深いです。

ただ珍しいだけではなく、内容も折り紙つき。だって「麻雀専門誌で麻雀メインではない」ことを許されるくらいですから。

作品情報

  • 著者/田中ユタカ
  • 掲載誌/近代麻雀
  • 既刊/全3巻(2018年8月25日現在)

あらすじ

盲目の美女「あげは」。彼女は奇跡の手とも呼ばれる治療師〈ヒーラー〉。

そして大の麻雀好き。財界人の出入りする高級店から小さな町の雀荘まで。場所も相手も選ばない筋金入り。

今日も素敵な卓を探して、夜の町へ1人繰り出していく⋯。

おすすめポイント

あげはさんの無邪気さ

あげはさんは盲目を意識させないくらい、とても自由奔放です。大好きなラーメンを食べ歩いたり、御付きの執事をからかったり。

その姿はどれも素敵なんですが⋯それが大好きな麻雀だとさらに魅力的なんです。ほわっとした笑顔や、ニカッと笑うイジワルな顔。

私のお気に入りは、第1巻の「緑一色の残照」ラストの笑顔。ストーリーも素晴らしいのでおすすめです。

対戦相手たちの感情

政治家や実業家、サラリーマンにチンピラまで⋯様々な対戦相手たちは、あげはさんと卓を囲むうちに、それぞれの奥にある強い感情を見せます。

それは読み手が共感できるものから、想像がつかない途方もないものまで。

それにあげはさんが何を感じ、どう答えるのか⋯この作品の根幹にある人間ドラマが展開されていきます。

笑顔の意味

彼女は常に笑顔であることを、笑っているわけではなく「視覚障害からくる筋肉のクセ」と言っています。

言葉通りその笑顔の裏には、彼女の感情が見え隠れします。明確な怒りであったり、子供のような喜び、そして悲しみ。

それがわかった時、物事を達観したような彼女から等身大の姿が見えてきます。

まとめ

この作品に出てくるキャラクターは、みなとても人間らしさを持っています。悪党であっても、どこか憎めない愛嬌があります。

それは田中ユタカ先生が、悪を描きたいわけではなく、それぞれの人間性を表現したかったからなのかな。私はそう感じました。

おすすめポイントはたくさんありますが⋯1番はやっぱりあげはさんの笑顔ですね。彼女はなぜ笑うのか?ぜひあなたの目で見てみてください。

その他 漫画レビュー

やっぱり聞いてほしいことがある「亜人ちゃんは語りたい」

2018.08.25

あなたの世界はどう見える?「町田くんの世界」

2018.08.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です