駆けひきなんてない、まっすぐな気持ちだけ「塩田先生と雨井ちゃん」

塩田先生と雨井ちゃんメイン画像

出典:https://br.ebookjapan.jp/
©KUMIKO nakatoka

漫画の「過去」が描く、新しいラブコメディ。

WEBを中心に活動する漫画家、なかとかくみこ先生の初単行本。先生と生徒が「恋人になった」あとを描いた作品。

その健全で爽やかな交際と、ちょっとズレたやりとりに思わず笑顔になってしまう。

お話は短いオムニバスになっていて、テンポよく読み進められる。

作品情報

  • 著者/なかとかくみこ
  • 掲載/マトグロッソ・pixiv
  • 既刊/全2巻(2018年10月14日現在)
  • 受賞/このマンガがすごい!2016 第4位

あらすじ

雨井やよい、16歳。
塩田先生を好きな気持ちを、いつでも全力でぶつけていく女子高生。
塩田嗣春、29歳。
雨井ちゃんの愛情表現に、若干引きつつ惚れこんでいる高校教師。
付き合っていることは、周りにヒミツ。
引用:Matogrosso

おすすめポイント

雨井ちゃんのかわいさ

塩田先生への「好き」が雨井ちゃんをかわいくする。ツリ目でキレイな髪がチャームポイントの、猪突猛進で一途な雨井ちゃん。

塩田先生と雨井ちゃんサブ画像4

出典:https://br.ebookjapan.jp/
©KUMIKO nakatoka

雨井ちゃんは授業中も私生活でも、頭の中は塩田先生でいっぱい。いつでもかまってほしいのに、からかわれてばかり。その姿がなんとも愛らしい。

ただちょっと愛情が過激。塩田先生の担当教科は、引くほど勉強してたり。モテると心配だからと、ハゲでデブにしようとしたり。

塩田先生と雨井ちゃんサブ画像7

出典:https://br.ebookjapan.jp/
©KUMIKO nakatoka

そんな空回りも、いっぱいの「好き」から来ているのがわかって、やっぱりすごくかわいい。

塩田先生のさりげなさ

ちょっとひねくれてるけど、穏やかで包むような愛情。えくぼでタレ目がチャームポイントの、ずぼらで優しい塩田先生。

塩田先生と雨井ちゃんサブ画像5

出典:https://br.ebookjapan.jp/
©KUMIKO nakatoka

雨井ちゃんのマグマのような愛情を、諭しつつもしっかり受けとめる⋯ダメな時もあるけど。「先生と生徒」という立場をわきまえて、節度のある関係を保っている。

恋愛へ受け身に見えがちだが、実際は雨井ちゃんをいつも気にかけている(雨井ちゃんは「私ばっか好き」と思ってる)。

塩田先生と雨井ちゃんサブ画像6

出典:https://br.ebookjapan.jp/
©KUMIKO nakatoka

雨井ちゃんとは逆で「好き」が前に出てこない。大人らしく、素直じゃないところもかわいい。

あの頃へタイムスリップしたような

80〜90年代の少女漫画の、懐かしさと新鮮さ。

作画のデフォルメや漫画表現など、まるで古い作品のような錯覚を起こす。塩田先生が着ているシャツのシワや、雨井ちゃんのレトロな感情表現など。ごく自然に描かれる。

塩田先生と雨井ちゃんサブ画像2

出典:https://br.ebookjapan.jp/
©KUMIKO nakatoka

内容はシンプルなラブコメディ。今では失われつつあるプラトニックな関係と、ストーカー行為スレスレの雨井ちゃん。

もはや現代では「非現実」なストーリー。しかし画風と相まって「リアリティ」が生まれ、「現在する過去」として自然に受け入れられる。(劇中で雨井ちゃんがスマホを使っていたりする)

そしてアナログの線が作品に熱量をもたせて、キャラクターに芯のある感情を見せてくれる。

余談

五十嵐大介先生の「魔女」もそうだけど、アナログにはデジタルにないパワーが確かにある。

「魔女」たちの世界

2018.08.31

まとめ

この作品には大きな事件はない、当たり前の日常がただすぎていく。先生との交際がバレそうな気配はないし、2人の距離はあいかわらず。

塩田先生と雨井ちゃんサブ画像3

出典:https://br.ebookjapan.jp/
©KUMIKO nakatoka

でも、塩田先生と雨井ちゃんが見る世界はいつも特別だ。ただの桜も塩田先生が笑えばキレイに見える。校舎裏のビワの木、一緒に食べたその実は信じられないほど美味しかった。

そんな「2人だから」こその小さな喜びを、優しくきめ細やかに描いている。

そして個人的だけど、私はこういう画風が大好きなんだ。

おまけ

雨井ちゃんって宇野亜喜良や米倉斉加年みたいな、サイケというかエキゾチックさを感じる。あの涼しげな目元と雰囲気だからかな。

その他 漫画レビュー

いつまでも胸に残る、優しい思い出「猫のお寺の知恩さん」

2018.09.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です